島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

島村楽器 横浜ビブレ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【横浜ビブレ店】KATANASOUND高木さんの元へ行って参りました!

こんにちは!
エフェクター担当の徳永です!
7月に今回で3回目となる「日本産エフェクター祭 2018」を控えていますが、実は8月にも皆様に是非参加して頂きたいイベントなどを只今絶賛準備中です!!
今回は、そんな8月のイベントに向けて高木製作所代表であり、当店でも絶賛取扱中のエフェクターブランドである「KATANASOUND」の高木さんの元へお邪魔させて頂きました!

KATANASOUND 高木さんとは?

f:id:shima_c_yokohama:20180627152805j:plain
エフェクター製作など「音を創る」と言う事に対し、一切の妥協を許さない高木氏。
国産のエフェクター内、いや世界のあらゆるエフェクターと比べても決して安価とは言えません。
近年では中国や韓国製の安価で高品質のクローンエフェクターも増え、ますます高価なエフェクターを購入されることは少なくなって来たのではないでしょうか?
そんな中、高木社長は予算などの枠などには縛られずパーツ一つ一つを厳選し、ハンダ付けや組み込みなどの行程もすべて1人で行い決して崩れない品質を常に保ち続けています。
このような事が出来るのも高木社長の「音を創る」と言う事に対する高い向上心や製作に対するプライドなどが、多くのプレイヤーに愛される由縁なのかもしれません。
実際にエフェクター担当の私もファンになり、多くのお客様にも支持されて今も常に当店のレギュラーラインナップとして並び続けています。

製作所の至る所にお宝が!?

f:id:shima_c_yokohama:20180627152819j:plain
お邪魔してまず目がいってしまったのは、写真にも写っている今では見る事の出来ないエフェクターがズラリ!
パッと見た感じ、お馴染みのKATANASOUND製品の箱ですが、その中身は…?
f:id:shima_c_yokohama:20180627152830j:plain
mt’Labの「毒蛇」と見るからに魅力的な「刀」という文字が記されたワンノブならぬ、ワンスイッチエフェクター!!
f:id:shima_c_yokohama:20180627152843j:plain
「毒蛇」は幻のエフェクターとして知られている「Tychobrahe“Octavia”」を元に製作されており、クローンではなくあくまで「本物」を追求したエフェクターであり、熱狂的なファズファンより多くの支持を得ている1台です!!
mt’Labの毒蛇は無塗装で、毒々しい色やデザインではなくシンプルな仕様となっており、比較して見ると高木製作所の歴史を少し感じることが出来ます。
そしてそして滅多に見ることのできないこのような品まで見せて頂きました!!
f:id:shima_c_yokohama:20180627152854j:plain
パッと見ても何のエフェクターかわからない方がほとんどだと思います!
何を隠そう、こちらのエフェクターは今やコンプ界では定番かつ大人気の「青線- Blue stripe-」のプロトタイプなのです!
よく目を凝らして見ると書いてありますよね
今回見せていただいたのは、かなり初めの方に製作されたプロトタイプで今の青線とは全く違うサウンドとなっていたので、今人気のコンプである「青線」になるまで、どれだけ試行錯誤されたのか伺えました。
f:id:shima_c_yokohama:20180627152905j:plain
今回はプロトタイプだけではなく、基盤・筐体・パーツなど細かく色んなものを見させて頂きました!
パーツなどの保管場所には色んなケースがびっしり入っており、中にはお宝のようなパーツまでありました!!
(興奮して写真を撮り忘れました…)
f:id:shima_c_yokohama:20180627152917j:plain
奥に見えるアンプたちも、レアものばかり!
高木さんはアンプの修理なども行なっている為、ジャンク品を買っては修理されており、レアなアンプを見つけたら衝動買いしてしまうこともあるとか!?
f:id:shima_c_yokohama:20180627152934j:plain
今回、私がお邪魔させて頂いた時にはアンプの修理も行われていた為、貴重な現場を拝見することが出来ました!
私もアンプの修理をしている現場を見るのは初めてでした!!
f:id:shima_c_yokohama:20180627152945j:plain
高木さんの横には、幻と言われる真空管の動作チェックができる機会まで…
ノブがたくさんで、このフォルム…たまらないアナログ感ですよね!!
高木さんはこちらの機材を愛用されており、「これがなければ修理は出来ない」とおっしゃるほど大切な機材だとか!
長年の相棒のようなものでしょうか…
f:id:shima_c_yokohama:20180627152956j:plain
高木さんと沢山お話をさせて頂いたのですが、1時間くらいこちらの試奏部屋に入らせて頂き、プロトタイプや中にあるアンプやギターまで弾かせて頂きました!
この部屋に入ったら最後、時間を忘れて1日いてしまいそうでした!!
個人的にエフェクターの相談をさせて頂くなど完全に仕事を忘れて満喫してしまいました…

これから

今回沢山のお話を高木さんとさせて頂きました!
昨年は多くの新製品や記念モデルをリリースし、国内のあらゆる楽器イベントにも参加され、また最近では複数の楽器店にて精力的にイベントを開催されており、当店でもイベントを開催する予定です。
今後当店で開催するイベントやフェアについてもお話しさせていただき、これから皆様にもっともっとKATANASOUNDを知って・弾いて・楽しんで頂ける為の準備をさせて頂いています!
8月にKATANASOUNDのイベントまたはフェアを開催させて頂きます!!
その際は当店のTwitterやHPにてアナウンスさせて頂きます!
皆様是非!ご期待ください!!

日本産エフェクター祭 2018 特設ページ

www.shimamura.co.jp

【KAMIKAZE SUPREME 20th LTD】発売記念ロングインタビュー!!

yokohama.shimablo.com


もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.