読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

島村楽器 横浜ビブレ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

システム構築のしらべ Vol.2 ~知っておきたいいろは~

f:id:shima_c_yokohama:20161205155918j:plain
ツイッターで「何故か写真が全部淡いww」と言われた成勢です。
こっそり写真を直そうかと思っていただのですが、ツイッターで拡散されてしまったため、あえてそのままにしておきました。笑
今回は前回お話しました「システム構築する上で知っておきたいいろは」についてお話していこうと思います。
前回記事とリンクしてくるところもありますので、まだご覧になっていない方はこちら!
システム構築のしらべ Vol.1 ~必要機材を知っておこう~ - 島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

今回は
どのように知識をつけるべきか

システム構築最大の敵「グランドループ」

ノイズはグランドループだけでない!?

の3本立てでいきます!

どのように知識をつけるべきか

システム構築したいけど、何から始めたらいいのかわからない…という方も多いはず。私も経験しましたよ…。
そこで出会ったのがこちらの1冊!!

f:id:shima_c_yokohama:20161205123426j:plain
システム構築について詳しく、わかりやすく書かれています!
発売当初は爆発的な売れ行きだったのでご存知の方やお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。
この本を読むだけでシステム構築の半分は終了したようなものです!

あとはお客様のエフェクターボードで…ヘヘヘッ

冗談です。笑
私は自分のエフェクターボードを構築しました。むしろこちらの本を読むとすぐに構築したくなります。笑
それでサクッとうまくいけばいいのですが、いくわけもなく…。だからこそこの1冊を辞書的な使い方をして自分のボードを見比べるのです。ここがすごく大切!!それで検証していくとグンッとよくなります!

システム構築最大の敵「グランドループ」

グランドループってなに

頑張って図を作ってみましたよ!

f:id:shima_c_yokohama:20170206171040j:plain
図ではスイッチャー導入時のものです。
このグランドループが大きくなればなるほどノイズ発生源になるわけです。
システム構築ではグランドループを極力作らないようにするため私はFree The Toneのソルダーレスケーブルを使用しているわけです。
Free The Toneのソルダーレスケーブルだと必要なだけケーブルを使用できるため余ってしまい、グランドループができてしまう事態を防げることやケーブル自体が柔らかいので取り回しがすごくいいんです。なのでオススメですよ!

こちらを最小限の状態にしていくとこのような配線になってきます。

f:id:shima_c_yokohama:20170206171054j:plain
このようにグランドループを減らしていく作業をするだけで音が激変していきます。
スイッチャー導入時の注意としては配線をタイトにし、グランドループを極力減らしていくことはいいのですが
配線がタイトすぎては灯台下暗しです。
というのもパツンパツンにしすぎてしまうとトラブルの原因になる可能性が上がるため、気持ち余裕を持たせてあげるといいです。

ノイズはグランドループだけでない!?

グランドループも作らないようにしたし、ここでやりたいのは、やはりエフェクターがたくさん入ったエフェクターボードですよね!
そのようなエフェクターボードに憧れギューギューにエフェクターを詰め込んでしまうと…
ノイズ発生源となります!
まずはどこでノイズが発生してしまうのかをお話します。

こんなところもノイズ発生源なるんです!!!要チェック!!

1.エフェクター同士が接触した状況
2.プラグとエフェクターが接触した状況
3.プラグ同士が接触した状況
この3つは気を付けたいポイントです!

ではどのような対策をとっていけばよいのか

シンプルにエフェクターを接触させないのが1番ではありますが、それですと限られたエフェクターしか置けなくなってしまうので満足のいくエフェクターボードとは言えませんね。
ここで搭乗するのが前回ご紹介している「台」です!!正式にはペダルライザーですが。笑
(前回ページ:システム構築のしらべ Vol.1 ~必要機材を知っておこう~ - 島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

こちらをしようするとこのようにプラグとプラグの接触を防いでくれます。

f:id:shima_c_yokohama:20161205143320p:plain
こうすることでスペースの有効活用ができ、1つでも多くのエフェクターをボード内へ収めることができます!
次にすごくオススメ!といったわけではないので、私はほとんどやらない内容ではありますが、プラグ同士が接触してしまう際はビニールテープを接触部に貼ることでノイズを最小限に抑えることは出来ます。
こちらは最終手段としてのほうがいいかもしれませんね。


いかがだったでしょうか。
横浜ビブレ店システム構築イベントを12月末まで延長しております!
yokohama.shimablo.com


次回は早速エフェクター構築へ入っていきましょう!
それに伴いエフェクター構築をする際にやるべきことについてお話します!

f:id:shima_c_yokohama:20161207175620j:plain
(2年前の写真から変えました。笑)

店舗 横浜ビブレ店
TEL 045-314-5255
エフェクター構築担当 成勢(なるせ)

yokohama.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.