島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

島村楽器 横浜ビブレ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【横浜ビブレ店】BOSS CEF LISTENING CONTEST開催決定!!

こんにちは!エフェクター担当の徳永です!!
2018年7月7日より「日本産エフェクター祭 2018」を開催いたします!
そしてそして、フェア最後の土曜日にこんなイベントを開催いたします!!
じゃん!!!
f:id:shima_c_yokohama:20180616165956j:plain

日程 2018年7月21日(土)
時間 OPEN 14:45 START 15:00
会場 横浜ビブレ店エレキギター売場
料金 500+税(定員30名 ※要予約制)

実際に目の前で鳴らされているBOSSサウンドが、どのエフェクターなのか…
聴き当てコンテストを開催いたします!!
廃盤商品・現行品など、多くのBOSS製品をご用意してございます。
BOSSエフェクターが大好き!!」「BOSSの音を聴き分けること出来る!!」という方、ぜひ奮ってご参加下さい!!

もちろん!!優勝された1名のお客様と2位のお客様には景品をご用意しております!!

景品はコチラ!!!

■1位景品 BOSS JB-2(1台)
f:id:shima_c_yokohama:20180616170933j:plain
■2位景品 BOSS BCK-6(1セット)
f:id:shima_c_yokohama:20180616170949j:plain
■参加賞 BOSSピック&BOSSピンバッチ(各2個)

使用機材に関して

ギター:Fender Japan/Traditional 60S Stratcaster

(※基本的にVolume 10 . Tone 10で鳴らします。)

アンプRoland/JC-120

(※EQ設定は全て12時、ディストーションやリバーブなどのエフェクトは全てOFFと致します。)

ルールに関して

1.1位は1名・2位は1名とさせて頂きます。

2.もしも全員不正解により回答者がいなくなった場合は敗者復活戦を行います。

※その他、細かなルールに関しては当日発表、またはコチラのページを更新致します。

当日の出題される問題に関して

問題(前半)

旧品番・現行品・廃番品を比較した問題を出題させていただきます。
問題は基本的に選択制(挙手による回答)の問題とさせていただきます。
例題①をご確認ください。

例題①

これから以下の3つを1~3順番に鳴らします。
(CE-1・CE-2・CE-3 ※順番はランダム)
この中から【CE-3】だと思った番号に手をあげてください。
※選択できるのは1つのみとなります。

問題(後半)

回答者が10人未満となりましたら、問題2へ移ります。
問題1と同じように旧品番・現行品・廃番品を比較した問題を出題させていただきます。
問題2からは複数選択制とさせていただきます。
内容に関しては例題②をご確認ください。

例題②

これから以下の3つを1~3順番に鳴らします。
(CE-1・CE-2・CE-3 ※順番はランダム)
1~3番の各音がどれかフリップに記入頂き回答して頂きます。
選択したものが全て合っていた方が正解になります。

お問い合わせ

イベントの空き状況など、イベントに関してご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

イベント担当 エフェクター担当 徳永
お問い合わせ先 045-314-5255

【横浜ビブレ店】PEPPERが出来上がるまで

こんにちは!島村楽器横浜ビブレ店にてエフェクター・デジマート・楽器用のなどの担当をしている徳永です!!
yokohama.shimablo.com
6月1日〜6月10日にて開催の「YOKOHAMA PEPPER FAIR 2018」と6月9日(土曜日)、通称ロックの日に開催される「PEPPERのすべて」に伴い、FreedomC.G.R.様の工房へとお邪魔してまいりました!
さらに!そこで当店入荷しているPEPPERが出来上がるまでの現場を見学させていただきましたので、その内容を少し紹介させて頂きます。

PEPPERの木材選定

f:id:shima_c_yokohama:20180608111326j:plain
まずエレキギターを作る為には、木材の選定を行わなければなりません。
そして今回見学させていただいたのはPEPPERに使用する木材たちでしたのでPEPPERのボディとネック材となる「ホンジュラスマホガニー」「アフリカンマホガニー」やGREEN PEPPERのトップ・バック材として使用される「ゼブラウッド」などを見せて頂きました。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111355j:plain
まず拝見したの私が手に持っている、この透明な板です。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111403j:plain
コチラはPEPPERのボディを切り出す際に使用する「型」または「治具」と言われているもので、こちらを実際に使用する材に当てて木取りなどを確認されるそうです。
ちなみに当ててみたのがこちら!
f:id:shima_c_yokohama:20180608111426j:plain
こうやって型を材に当てるだけで、少しワクワクしてきますよね!!
一枚一枚違う木目を持っている木材たち、実際に治具を当てることによって完成した際にどう見えるか等を確認することができ、治具を当ててみるだけでも完成形が見えてきます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111438j:plain
こちらの木材はGREEN PEPPERのトップ・バック材に使用される「ゼブラウッド」と言われる木材です。
美しいゼブラ模様を持つ木材で、GREEN PEPPER特有の滑らかで美しいサスティーンを支えている大切な木材です。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111451j:plain

繊細な仮組込

そしてそして…
次に見せていただいたのは、木工加工です!
今回拝見させていただいたコチラは無塗装状態のPEPPER用ネックとボディです。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111655j:plain
ほとんど完成しているように見えますが、実はまだ木工を完了していないとか!?
ここから更に、細かく調整しながら削っていきます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111819j:plain
ネックのジョイント部分(サイド面)を削りネックポケットに合うようにしながら、ネックを削りすぎてもダメなので、ボディのジョイントポケットを削ったり…
f:id:shima_c_yokohama:20180608111849j:plain
手による感覚だけではなく、精密機械などの数値も確認しながら慎重に合わせていきます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111900j:plain
ただ無塗装のネックに合わせてネックポケットを削れば良いという訳ではなく、今合わせているネックに塗装がされ、今よりも塗装により厚みが増すことも考慮し形を形成していきます。
ここでネックポケットがしっかり出来ていないと、PEPPER鳴りは奏でる事ができません。
塗装前において何よりも繊細な作業です。
f:id:shima_c_yokohama:20180608111914j:plain

テンションすり合わせ

f:id:shima_c_yokohama:20180608111952j:plain
FreedomC.G.R.の有名な作業工程の1つでもある「テンションすり合わせ」
「テンション擦り合わせ」をご存知ない方のためにも簡単にご紹介致します。

テンション擦り合わせとは?

実際にギター・ベースにを張ってある状態と同じ負荷をネックに与えながら擦り合わせを行う作業工程の事です。
FreedomC.G.R.が独自に開発した特殊な装置を使用する事によって一本一本、それぞれに負荷を与え、工場生産品とは別次元の演奏性やチューニングなどの安定性を可能にした革新的な擦り合わせです。
~以上解説終わりです!!~
そしてコチラで「テンション擦り合わせ」を行なっており、実際にGREEN PEPPERのネックをテンション擦り合わせされているところを、見学する事ができました!
すんごく運が良かったです!!
f:id:shima_c_yokohama:20180608112003j:plain
しかも、擦り合わせする前のネックをセットするところから見学する事ができました。
FreedomC.G.R.の特殊な装置に設置し、セットアップする際に使用する(ダダリオの10-46)をその場で張り、細かく調整して行きます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608112036j:plain
FreedomC.G.R.の特殊な装置は画期的ではありますが、かなりの技術や経験を必要とする装置となっております。
一本一本に合わせた調整を慎重に行なって行きます。
この工程の仕上がりによって演奏性に支障を起こしたり、チューニングなど音色の安定性を失われてしまうかもしれないような繊細な作業工程となっています。
これは、FreedomC.G.R.の職人だからこそ可能にした技術であり、多くのプレイヤーに愛される理由なのかもしれません。

PEPPERのセットアップ

f:id:shima_c_yokohama:20180608112047j:plain
ここからは、いよいよ当店に納品されるPEPPERのセットアップを実際に見ていきます!!
数多くの工程を通り完成目前のPEPPER…しかし最後のセットアップが全てを決めます。
そんな超重要な最終調整(セットアップ)は1本1本に合わせた調整を行なっていきます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608112618j:plain
まずは指板やフレットの簡単なクリーニングからです。
を張り、調整を始めれば指板の隅々まで触れることはできません。
そのため、を張る前にフレットを軽く磨いたり、指板をケアすることは地味ですが大切な工程ですので、一本一本丁寧に磨いて行きます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608112637j:plain
その後、を張って行きます。
張り終えたらチューニングをし、全体を伸ばしながら慣らしていきます。
この工程は完成した際のチューニングに関わって来ます。
極論になってしまいますが、弾いていけばというのは馴染んでいきますので必ずしもやらなければならないと言うわけではありません。
ですが、セットアップ時にをしっかりと馴染ませるという事は、ギターが実際に納品され、我々楽器店スタッフの手に渡り、お客様が試奏される際にチューニングが安定する状態。
つまりはしっかりと馴染んだ状態でセットアップされるという事は、プレイヤーにとって何よりもストレスがなく気持ちよく弾ける安心感へと繋がります。
f:id:shima_c_yokohama:20180608112648j:plain
を馴染ませてチューニングを完了しましたら、ピックアップの高さ調整やピックガードビスの締め具合の調整を行ない、ボディ鳴りの仕方を調整します。
f:id:shima_c_yokohama:20180608112659j:plain
そして最後はネックジョイントプレートの締め具合も調整し、ネックからボディへ伝わる振動を調節します。
こういった繊細な調整を乗り越え私たちの元へやって来ます。
f:id:shima_c_yokohama:20180608112712j:plain

まとめ

いかがでしょうか?
普段、なかなか見ることの出来ない楽器製作の現場は長年培われた職人の経験や知識によって、独自の装置・道具・技術が生み出され世に広まっていきます。
そして私たち楽器店に納品されたり、はたまたプレイヤーの皆様の手元に行ったりすることによって、より多くのプレイヤーの皆様の元へ広まっていきます。
普段見れない楽器製作の現場を見ることによって、よりFreedomC.G.R.の「PEPPER」と言うギターに少しでもご興味を持っていただけたら幸いです。
そんな「PEPPER」が集まるフェアは、島村楽器横浜ビブレ店にて開催中です!!
ご興味のある方は、ぜひご来店ください!!皆様のご来店を心よりお待ちしております!!
yokohama.shimablo.com

Freedom C.G.R. HP

fcgrtokyo.com

Freedom C.G.R. Twitter

twitter.com

大注目アーティスト『DATS』ツアーファイナルレポート!!!

皆さんこんにちは!
タイトルにある通り現在大注目のアーティスト、そしてメジャーデビューされる『DATS』のツアーファイナルへお邪魔してきました!
DATSに関して以前ブログを掲載したこともあります。
その記事はこちら。
yokohama.shimablo.com

DATSについて

SUMMER SONICFUJI ROCKSWEET LOVE SHOWER、GREEN ROOM FESTIVALなど名立たるイベントに出演。
国内外問わず注目を得ている実力派バンドです。


そんなDATSのドラマーである大井さんとは古くからの付き合いで今回のライブにも行かせていただけることになったわけです。

5/11 ワンマン・ツアーファイナルレポート

ダダン!!リキッドルーム
f:id:shima_c_yokohama:20180604111058j:plain


興奮しすぎてバックパスもパシャリ!
f:id:shima_c_yokohama:20180604112027j:plain
貼るのがもったいなく、廃棄なんて出来るわけもないので、こちらのバックパスは私の手帳大切に保管されています(笑)



早速ライブレポートにいきたいのですが
私もDATSの音源を持っているのですが、
「こんなにもライブ栄えするアーティストがいるのか!」
というのがすべてですね。
世界観も明確で、彼らのやっているものは芸術品のような唯一無二の存在でした。
ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムのみならず、各パートが電子機器を駆使し全身で『DATS』を感じられ、最高の空間を作り上げていました。
オーディエンスとの一体感もあり、仕事でなければ・・・フロアにいきたい・・・なんて思いながらライブを眺めていました(笑)
そんなライブ写真がこちら!

f:id:shima_c_yokohama:20180604113332j:plain
Photo by Kosuke Ito

そして実はギターの早川さんはHISTORYのKH-CYGNETを使っていただいております!
実際にこの日のライブでもご使用いただいており、なんだか感無量ですね。
是非皆さんも店頭でお試しください!!!
ちなみに早川さんはVBSというカラーのKH-CYGNETを使用されていました。
www.shimamura.co.jp

そして最後にDATSの皆さんと一緒に写真を撮らせていただきました!!!
f:id:shima_c_yokohama:20180604131223j:plain
これまた感無量です・・・

今後の活躍にも期待大のアーティストなので、皆さんも要チェックです!!!

natalie.mu

お問い合わせ

f:id:shima_c_yokohama:20170405111304j:plain

店舗名 島村楽器 横浜ビブレ店
営業時間 11:00-21:00
電話番号 045-314-5255
担当 成勢(なるせ)

【横浜ビブレ店】関西最大級の祭典!大阪サウンドメッセへ行ってきました!!

こんにちは、いろんな担当をしている徳永です!
今回、遂に待望の大阪サウンドメッセへ徳永が行って参りました!!
滞在時間が約3時間とかなり短い時間ではございましたが、少しだけ皆様に大阪サウンドメッセの模様をお伝え出来ればなと思いますので、最後までよろしくお願い致します。

そもそもサウンドメッセとは?

f:id:shima_c_yokohama:20180514144721j:plain
サウンドメッセとは大手楽器メーカー・輸入代理店・個人製作家・有名楽器店等が集う超超ビッグスケールな展示&販売イベントです!!
通常では見ることが出来ないような出来たてホヤホヤの貴重な新製品やプロトタイプなどを何処よりも早く弾けてたり、製作者の方々と直接お話を伺えたりと、楽器好きならたまらないイベントとなっております。

いざ!イベント会場のATCホールへ!!

f:id:shima_c_yokohama:20180514144847j:plain
今回の開催場所はワンフロアで総面積約7,000㎡の多目的ホールである「ATCホール」にて開催されました!!
駅から5分くらいで行けるので初めての方でも安心して迎えます!!
www.atc-co.com
というわけで会場に入って、チケット買ったり何やかんや終わったら…
いよいよ私が行きたくて行きたくて堪らなかったエリアへ!!
そして入ってすぐ超知ってるメーカーさんが!?
こちらは「Kz Guitars Works」さんのブースですね!
f:id:shima_c_yokohama:20180514144933j:plain
最近話題になっているケイズギターさんの新モデル「Kz ST」が展示されていました!
今回のサウンドメッセにて初お披露目となり、私が着いた頃には、色んなお客様が試奏されていました!
f:id:shima_c_yokohama:20180514144952j:plain
代表の伊集院さんもいらっしゃいました!
代表の伊集院さんとお会いするのは約1年ぶりでしたので、色々お話をお伺いさせて頂きました。
そして、僭越ながら新モデルである「Kz ST」を、私も試奏させて頂きました!
誰もが思うであろうストラトのイメージとは違い、ケイズギター独自のアプローチによって全く別のモデルへと仕上がっていました!
ネック材・バックボディ材がマホガニー材の、トップ材がメイプル、そしてネックジョイントがセットネックになっていたりと、ケイズギターだからこそ実現することが出るサウンドがここにありました。
もしも「Kz Guitars Works」が「めっちゃ弾いてみたい!!」って思った方は、現在勢力的に展開している島村楽器横須賀プライム店にてお試しいただけます!!
もちろん、ご相談いただければ当店でもお試しいただけますので是非ご相談ください!!
f:id:shima_c_yokohama:20180514145020j:plain
当店でも絶賛展開中の「moon」さんのブースも展開されていました!
既に当店にも入荷しております、moon創立40周年記念モデルのレゲエマスターが展示されていました。
会場に入ってすぐ見える位置にあるので、入ったらまず目を引いてしまいます…
本当に美し過ぎるモデルですよね…
当店のデジマートページはコチラ!
ぜひ詳細が気になった方はコチラからご覧ください。
www.digimart.net

そしてそして、さらに進んでいくと…
f:id:shima_c_yokohama:20180514150521j:plain
またまた横浜ビブレ店お馴染みの国産ブランド「Freedom C.G.R.」さんのブースです!
Freedom C.G.R.と言えば、新モデルである「EZa」と「Anthra」も展示されていました!
当店でも絶賛展開中ですので、詳細は以下のリンクよりご覧ください!
f:id:shima_c_yokohama:20180514150411j:plain
www.shimamura.co.jp

徳永がめっちゃ弾きたくて堪らなかった一本も展示されていました!
また、エフェクター担当 徳永が普段より大変お世話になっている「KATANASOUND」もブース内で展開されており、代表である高木さんもいらしておりました!
f:id:shima_c_yokohama:20180514150352j:plain
ブース内ではFreedom C.G.R.のギターやベースを試奏しつつKATANASOUNDも試奏できるため、私がお伺いした際、試奏されている方や試奏の順番待ちの方々がたくさんいらっしゃいました。
近日中には島村楽器錦糸町店にてイベントも開催するなど、去年の新作ラッシュに続きかなりアクティブに行動されている模様!!
今後の活躍も目が離せないエフェクターブランドです!!
錦糸町店でのイベント案内ページはコチラ!!
お近くにお住まいの方は、是非この機会に参加してみてください!!
www.shimamura.co.jp

Freedom C.G.R.ブースの隣では「Sugi」「T's Guitars」のブースが展開されていました!!
f:id:shima_c_yokohama:20180514151937j:plain
f:id:shima_c_yokohama:20180514151948j:plain

更に進んでいくと・・・
今度は「THE EFFECTOR book Presents“THE EFFECTOR」ブースが!!
f:id:shima_c_yokohama:20180515142135j:plain
320design/ANARCHY AUDIO/Digitech/DOD/Dr.NO/G-Life Guitars/Ibanez/Jim Dunlop/KarDiaN/LUNASTONE/Mad Professor/Orange Amplification/Positive Grid/Seymour Duncan/Svi Sound/T-Rex/TOKYO EFFECTOR/Two Note/WAY HUGE/Z.Vex Effectsっと、数多くのエフェクターブランドを一挙に展示していました!!
しかも試奏が出来るんです!!
f:id:shima_c_yokohama:20180515142121j:plain
特に注目されていたのがコチラ!!「Masatone/CAESAR X mikio fujioka signature model」!!
f:id:shima_c_yokohama:20180515143958j:plain
しかも今回展示されていたのが、藤岡さんへ納品されたシリアル1番が刻まれた1台という事もあり、来場されコーナーをご覧になった方々は大興奮だった模様!
自分も実際、大興奮してしまいました!!
そしてそして、横浜ビブレ店ではお馴染みの「KarDiaN」の北田さんもいらっしゃいましたよ!!
f:id:shima_c_yokohama:20180515142105j:plain

たくさんのエフェクターを食いつくように見ていたら隣のブースから素敵な音が!!
f:id:shima_c_yokohama:20180515145939j:plain
こちらは、「RolandBOSS」のブースです!!
そしてそして、素敵な音の正体は・・・
f:id:shima_c_yokohama:20180515145928j:plain
佐々木秀尚さんによるGT-1000を使用したデモンストレーション!!
佐々木さんが予め作成されたサウンドを生で体感しつつ、GT-1000試奏コーナーにて実際に弾けちゃうんです!!
すごい!すごすぎます!!!ファンの方でも、GT-1000が気になっている方でも最高に楽しめちゃいます!
f:id:shima_c_yokohama:20180518161037j:plain
今話題のGT-1000は当店でも絶賛品切れと、超人気商品となっております。
当店に再入荷次第、デジマートにて再入荷の掲載を致しますので、気になった方は是非1度チェックしてみてください!!
もちろんご予約なども承れますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
www.digimart.net

残り滞在時間も少なくなってきました・・・
最後にどうしてもお会いしたい方々が!
それがこの方々!!
エフェクター好きな皆様なら既にご存知の方も多いのではないでしょうか?
Ovaltoneの田中ご兄弟です!!
f:id:shima_c_yokohama:20180518161814j:plain
当店でもイベントを開催させて頂いたり、フェアを開催させて頂いたりと大変お世話になっております。
今では日本エフェクター界において、知らぬものはいない!!と言われるほどのメーカーにまでなられたエフェクターブランド「Ovaltone」
当店にて、またイベントを開催する予定ですので是非ご期待ください!!
いつも最高の笑顔で写真を撮影させて頂き、ありがとうございます!!
今年は、まだまだ皆様を驚かせる新製品を用意しているとか?!今後の活躍も目が離せない日本産エフェクターブランド「Ovaltone」
HPリンクが以下になりますので、ぜひ一度ご覧ください!!
ovaltone.net

バタバタであっという間に時間が過ぎてしまいました・・・
もっとゆっくり回りたかったのですが・・・残念!!
f:id:shima_c_yokohama:20180518162816j:plainf:id:shima_c_yokohama:20180518162826j:plain
実は、まだまだたくさんのエリアが存在する大阪サウンドメッセ!!
今回ご紹介できたのは10分の1くらいだと思います!!
次回は100%ご紹介出来るように、ゆっくり行ってきます!!
是非皆様も、また次回機会がございましたら、ぜひ一度行ってみてください!!
絶対楽しめる夢の楽園です!!!

それではまた!!

徳永

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.