島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

島村楽器 横浜ビブレ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【横浜ビブレ店】日本最大?!エフェクターイベント「第5回エフェクタービルダーズ・コンテスト」潜入レポート!!

こんにちは、エフェクター担当の徳永です!

3月3日といえば「ひな祭り」の日でもありますが…
3月3日は当店が普段から大変お世話になっている東京エフェクター様主催の「第5回エフェクタービルダーズ・コンテスト」が開催されました!!
f:id:shima_c_yokohama:20180304130530j:plain
当店でも絶賛展開中の日本産エフェクターブランのほとんどが、この「エフェクタービルダーズ・コンテスト」にて優秀な成績を収められております。
そんな登竜門とも言われるコンテストにエフェクター担当の徳永が僭越ながら行ってきました!!
今回はコンテストの模様を簡単にご紹介します!!

コンテスト会場ってどんな感じ?

f:id:shima_c_yokohama:20180304130305j:plain
今活躍している多くのエフェクタービルダーを輩出している「エフェクタービルダーズ・コンテスト」ですが…
実は張り詰めた空気はあまりなく、ゆるっとした空気でエフェクター好きの一般のお客様やエントリーされた製作者の皆さんが楽しく談笑していらっしゃいました。
f:id:shima_c_yokohama:20180304130408j:plain
昨年大活躍され、当店でも絶賛展開中の「Limetone Audio」の今西さんと「KarDiaN」の北田さんお二人のコーナーも設置されていました!!

KarDiaN

f:id:shima_c_yokohama:20180304130401j:plain

Limetone Audio

f:id:shima_c_yokohama:20180304130404j:plain
NAMM SHOWでも話題となった「Free The Tone」の“話題の新作”が展示されていたり!!
f:id:shima_c_yokohama:20180304130349j:plain
東京エフェクターさんで取り扱いされている過去の優勝エフェクター達など、多くのエフェクターが展示されておりました!!
f:id:shima_c_yokohama:20180304130336j:plain
f:id:shima_c_yokohama:20180304130333j:plain
さらにさらに!!コンテスト中には「エフェクター早踏み大会」が開催されており、コンテストとは別に熱い戦いが繰り広げられていました!!
しかも!!優勝すると東京エフェクターさんが取り扱っているエフェクターを1台プレゼント!!!!!
という激熱景品!!まさに熱戦の嵐でした!!

エフェクタービルダーズ・コンテストとは?

f:id:shima_c_yokohama:20180304130301j:plain
今回で第5回となる「エフェクタービルダーズ・コンテスト」
昨年エフェクター界に日本産エフェクターの波を起こした2つのエフェクターブランド「Limetone Audio」「KarDiaN」もこのコンテストにて偉大な功績を残しています!!
日本産エフェクターブランドにとっては、まさに登竜門のような日本最大のエフェクターイベント!!
しかも!このコンテストは完全アマチュア限定となっているため、販売店などでは絶対に見ることできない個性溢れるエフェクターが数多く登場しエフェクター好きにとっては超魅力的なイベントでもあります。

今回のコンテストには以下の方々が審査員として参加されました!!
f:id:shima_c_yokohama:20180304130319j:plain
・FREE THE TONE 中條博文氏
・地下実験室でお馴染み 井戸沼尚也氏
・ザ・エフェクターブック 井坂浩司氏
・Sound Wave Lab 遠藤修氏
・Limetone Audio 今西勇仁氏
・KarDiaN 北田駿一氏

そして!コンテストは以下のポイントを基に順位が決まってきます。

【セールスポイント】

たとえば「どのような理由/目的で作ったのか」また「どのような人に弾いて欲しいのか」そして「この作品で何が出来、弾き手にどう使って欲しいのか」
※おすすめの使用方法が記載されているとさらに良いです。

【作品のタイトル(モデル名)】

モデル名なしというのは、自分の子供に名前を付けないのと同様で、審査員の皆さんの評価がネガティブなものになる可能性が非常に高いです(ブランド名はあってもなくても問題ありません)。

今回のテーマは?

コンテストには毎年「テーマ」を設け、その「テーマ」にあわせ多くのエフェクタービルダー達が珠玉の一台を送り出しています。
そして今回のテーマは…
「ハイゲイン‐High Gain‐」
オーバードライブディストーションファズ・コーラスなど…
歪むもの(ハイゲイン)であればなんでもOK!!

いよいよスタート!!

f:id:shima_c_yokohama:20180304130308j:plain
さぁ!コンテスト開始です!!
オープニングはギタリスト「岡 聡志」さんによる演奏からスタート!!
卓越した演奏技術…まさに圧巻のステージパフォーマンスでした!!
f:id:shima_c_yokohama:20180304130411j:plain
そしてそして緊張の第2次審査!!
東京エフェクター 池田さんと岡さんの御二人によるトーク&デモでスタート!
一台一台、細かくチェックしていきます!
f:id:shima_c_yokohama:20180304143344j:plain
製作者おすすめの設定にして実際に弾いてみたり、岡さんお好み設定で弾いてみたりと…
あらゆる角度からのアプローチでサウンドチェックして行きます!!
見ている私もドキドキでした…

今回のエントリーされたエフェクターの台数は21台!!
かなりの台数ですが、あっという間に2次審査は終了してしまいました…

最終審査スタート!!

f:id:shima_c_yokohama:20180304130328j:plain
ここからは6名の審査員を加えての最終審査になります!!
改めて審査員の皆様をご紹介致します。
・FREE THE TONE 中條博文氏
・地下実験室でお馴染み 井戸沼尚也氏
・ザ・エフェクターブック 井坂浩司氏
・Sound Wave Lab 遠藤修氏
・Limetone Audio 今西勇仁氏
・KarDiaN 北田駿一氏

最終審査は事前に行われた一次審査を乗り越えた6機種にて争われます。
f:id:shima_c_yokohama:20180304130316j:plain
最終審査では岡さんもレスポールストラト等に持ち替えて演奏され、より細かく審査員も含めチェックしていきます!
また前半の2次審査と違って、製作者の方が製作されたエフェクターのプレゼンをしたり、審査員の方々からの質問などに答えていくため製作されたエフェクターに対する熱意やこだわり等を製作者の方々へ直に聞いていきます。
f:id:shima_c_yokohama:20180304130324j:plain
審査員の方々からは製作者の方への質問だけではなく、プレイヤー目線の意見として岡さんにも細かな質問や演奏法の指定などが出て来るなど、より深く1台1台のキャラクターを引き出していきます。
製作者の皆さんもオススメの設定などをその場でプレゼンしたりと、審査員・製作者関係なく皆さんのエフェクターに対する熱意が私にも伝わって来ました!!!
岡さんの演奏にもより熱が入ります!!
f:id:shima_c_yokohama:20180304130313j:plain
6台の最終審査はあっという間に終了し、いよいよ結果発表へ!!

優勝ブランドは…
っと発表をしたいところなのですが!!!
結果に関しては東京エフェクター様のHPにてご確認ください!!
今回のコンテストに出場されている各エフェクターについても紹介されていますので、ぜひご覧ください!!
東京エフェクター様のHPへは以下よりアクセスできます。

まとめ

今回、私は初めて「エフェクタービルダーズ・コンテスト」に参加させて頂いたのですが、とにかく楽しい!!
コンテストの審査中にもかかわらず、サウンド・コンセプト・名前の由来などを聞いているだけで「あぁ~なるほど!!」っと言ってしまったり、「あるある!わかる!!」なんて思ったり、会場全体でエフェクターと言う魔法の箱について共感しあえる素敵なコンテストだと感じました。
私が言うのもおこがましいですが、是非皆さんも今後の「エフェクタービルダーズ・コンテスト」にご注目頂けたら幸いです。
エフェクタービルダーズ・コンテスト」最高でした!!!!!

島村楽器横浜ビブレ店 HP

www.shimamura.co.jp

【ライブレポート】2月18日 第4回アコパラ店大会2日目

第4回アコパラ店大会2日目

みなさん!こんにちは!

横浜ビブレ店アコパラ担当の久保田佐藤です!

今年もアコパラの季節がやって来ましたね!って、いつも言ってるやつです。(笑)

f:id:shima_c_yokohama:20180213143738j:plain

そもそもアコパラとは…?
という方はコチラもご覧ください!
www.shimamura.co.jp

ライブレポート

2月18日に店予選2日目が行われました!!
今回は6組のアーティストによるライブでした!
そんなライブの様子を今回もお届けします!

池谷 唯

f:id:shima_c_yokohama:20180213145837j:plain

先週に引き続きご出演頂きました!
独自な雰囲気とリアルな歌詞でトップバッターとしてしっかりお客さんに心をつかんでくれました。

Kiyoshi

f:id:shima_c_yokohama:20180220185409j:plain

レフティ・12と見た目のインパクトも強かった「kiyoshi」さん
元々はベーシストでポールマッカートニーがお好きとの事。ギターのチョイスもその影響を感じさせます。
古き良き日本の歌謡曲をカバーで演奏して頂きました。12に広がりのあるサウンドがマッチし素敵な空間を演出してくれました!

HiRO

f:id:shima_c_yokohama:20180213151824j:plain

HiROさんも前回に引き続き二度目のご出演でした!
相変わらずの素敵な声質と曲ごとにギターを持ち替え音色に変化を出すこだわりが最高でした!

小柴ユウキ

f:id:shima_c_yokohama:20180220185429j:plain

これぞロック、これぞブルースというような魂のこもった演奏で見事に会場を盛り上げてくれました。
一口にアコースティックと言っても様々なジャンルが同時に楽しめる所は良いですね。

丸山永司

f:id:shima_c_yokohama:20180218194151j:plain

リフレインするコード・フレーズに対し時に優しく、時に激しくメロディーを絡ませていく演奏はとても印象的でした。
二曲目の早口の部分は視聴必須です!ぜひご覧ください!

フエキトオル

f:id:shima_c_yokohama:20180218194116j:plain

本日のトリを飾ってくれたのは「フエキトオル」さん。
安定感抜群のパフォーマンスで見事に会場を沸かせていました。
客席から自然に手拍子が起こる様子はスタッフから観ていても圧巻でした!

最後に…

出演してくれた6組の出演者の皆さま、
おつかれさまでした!そしてありがとうございました!


f:id:shima_c_yokohama:20180218194459j:plain


そして!

まだまだ
アコパラの季節です!

出演者超募集中!!!!
今後のスケジュールはこちら!

yokohama.shimablo.com

神奈川地区の参加者情報はこちら!

www.shimamura.co.jp


皆さまのご参加、心よりお待ちしてます!!!

舗名 島村楽器横浜ビブレ店
電話番号 045-314-5255
担当 久保田(くぼた) 佐藤(さとう)

【ライブレポート】2月12日 第4回アコパラ店大会1日目

第4回アコパラ店大会1日目

こんにちは!

横浜ビブレ店アコパラ担当の久保田湯田です!

今年もアコパラの季節がやって来ましたね!

f:id:shima_c_yokohama:20180213143738j:plain

そもそもアコパラとは…?
という方はコチラもご覧ください!
www.shimamura.co.jp

ライブレポート

早速ですが先日2月12日に記念すべき店予選1日目が行われました!!
第一日目は4組のアーティストによるライブでした!
そんなライブの様子をお届けします!

HiRO

f:id:shima_c_yokohama:20180213151824j:plain

LIVE自体は初めて見ました!いつも話している時と違って声も渋くカッコ良かったです!
2月18日に横浜店でライブに参加する予定なので是非見に来てください!
自慢のTaylor812の音めちゃくちゃ良かったです!

桑原雅也

f:id:shima_c_yokohama:20180213151653j:plain

声にパンチがあって今回のライブで一番個性が強かったと思います(笑)ただ曲も乗りやすく、ギター持って世界1周に行く目標があるだけあって2年間とは思えないレベルの演奏でした!
普段はRapやレゲェが好きとは聞いていましたが、こんなにもアコースティックと合うのか…と思うLIVEでした!応援してます!

風歌

f:id:shima_c_yokohama:20180213151546j:plain

なんと。ギター&口笛という形での参加です!初めて見ました!リハーサルの時から本当に口笛なのか…?と思うようなきれいな音が出ていてびっくりしました…。
恥ずかしながら後でこっそりやってみましたが…「そりゃあ出るわけがない(笑)」
皆さんもこの動画みてやってみて下さい!口笛のレベルの違いを体感できます(笑)

池谷唯

f:id:shima_c_yokohama:20180213145837j:plain

流石の池谷唯さんです…。ライブでのこの安定感!いつ見てもライブそのものを楽しめるなー…。と思います(笑)
スタッフも皆知ってる「4LDK」が売場に流れると「アコパラの季節か」と思うようになってきました(笑)

最後に…

出演してくれた4組の出演者の皆さま、
おつかれさまでした!ありがとうございました!


f:id:shima_c_yokohama:20180213151803j:plain


そして!

まだまだ
アコパラの季節です!

出演者超募集中!!!!
今後のスケジュールはこちら!

yokohama.shimablo.com

神奈川地区の参加者情報はこちら!

www.shimamura.co.jp


皆さまのご参加、心よりお待ちしてます!!!

舗名 島村楽器横浜ビブレ店
電話番号 045-314-5255
担当 久保田(くぼた)湯田(ゆだ)

【横浜ビブレ店】FreedomC.G.R.代表 深野氏による調整&点検会!!KATANASOUND試奏会も同時開催!!

こんにちは!!
エフェクター担当の徳永です!!!
「日本産エフェクター祭 2018」イベント第四弾は「FreedomC.G.R.代表 深野氏による調整&点検会」と「KATANASOUND試奏会」です!!
f:id:shima_c_yokohama:20180129113736p:plain

日程 2018年2月18日(日)
時間 13:00~19:00(定員6名・御一人様 50分)
会場 横浜ビブレ店エレキギター売場
料金 満員の為、受付終了

なんと?!今回の調整・点検会は無料!!
しかもFreedomC.G.R.のみならず、他社メーカーエレキギターエレキベースでも参加OKです!!
御一人様50分としっかりと一人一人時間をかけて調整・点検いたします!!
ただし!!定員が6名と、かなり少なくなっておりますのでご検討中の方はお早めにご予約下さい!!
満員の為、受付終了となりました。
たくさんのお問い合わせを誠にありがとうございます。
※キャンセル待ちなどは承りかねます、誠に申し訳ありません。何卒ご了承ください。

FreedomC.G.R.代表 深野氏とは?

f:id:shima_c_yokohama:20180129113718j:plain
本名⇒深野 真(フカノ マコト)
現、(有)フリーダムカスタムギターリサーチ 取締役 社長

  • 1964年・・・東京都生まれ
  • 1983年・・・日本ギター製作学院(現ESP MUSICAL ACADRMY)入校(初回生)木戸 宏 氏に師事
  • 1985年・・・渡米
  • 1986年・・・帰国後、恩師である 木戸 宏氏が代表のカスタムギター工房「Kid‘s Guitar」設立に伴い、修理、木工、塗装、セットアップ、PUワイヤリング、営業等を行う。
  • 1995年・・・ビルドインソウル(ヤマハ主催の個人製作家の発表展示会)に自身初のオリジナルギター「Top Water」を製作展示。
  • 1998年・・・同社退職後、東京都荒川区町屋にカスタムエレクトリックギター&ベースの一貫製造、ミュージックイクイップメントの製造、修理、及び販売を目的とした、「フリーダムカスタムギターリサーチ」を設立。
  • 2003年・・・社名を「有限会社フリーダムカスタムギターリサーチ」に変更。
  • 同年「PEPPERシリーズ」の販売を開始。
  • 同年「2003楽器フェアー」にて、オリジナルギター「RRシリーズ」を発表、販売開始。
  • 2012年以降・・・北米の「NAMM SHOW」への出展や、ARIMIZO ONE POINT JOINTを採用したオリジナルギター「Hydra」、「Hydra Classic」オリジナルベース「Dulake」、「RHINO」を発表。

同時開催!!KATANASOUND試奏会!!

f:id:shima_c_yokohama:20171002195625j:plain

日程 2018年2月18日(日)
時間 13:00~20:00
会場 横浜ビブレ店エフェクター売場
料金 無料 ※予約不要

当店人気国産エフェクターブランド「KATANASOUND」が全機種試せちゃいます!!
さらにさらに!KATANASOUND代表の高木氏自ら試奏されている皆様へ解説致します!!
全機種試せて、製作者自らの解説を生で受けることが出来てしまいます!!
ぜひこの機会にKATANASOUNDをお試しください!

KATANASOUND代表 高木氏とは?

f:id:shima_c_yokohama:20180129122801j:plain
エフェクター製作など「音を創る」と言う事に対し、一切の妥協を許さない高木社長
国産のエフェクター内、いや世界のあらゆるエフェクターと比べても決して安価とは言えません。
近年では中国や韓国製の安価で高品質のクローンエフェクターも増え、ますます高価なエフェクターを購入されることは少なくなって来たのではないでしょうか?
そんな中、高木社長は予算などの枠などには縛られずパーツ一つ一つを厳選し、ハンダ付けや組み込みなどの行程もすべて1人で行い決して崩れない品質を常に保ち続けています。
このような事が出来るのも高木社長の「音を創る」と言う事に対する高い向上心や製作に対するプライドなどが、多くのプレイヤーに愛される由縁なのかもしれません。
実際にエフェクター担当の私もファンになり、多くのお客様にも支持されて今も常に当店のレギュラーラインナップとして並び続けています。

  • 1997年7月・・・mt’Lab設立
  • 2003年3月・・・Katanasoundブランドを立ち上げて米国での販売を開始
  • 2004年5月・・・mt’Labブランドでの活動を休止 会社名を高木製作所に改称
  • 2006年4月・・・Katanasoundの日本国内での販売を開始
  • 2007年7月・・・mt’Lab10周年 カスタムオーダーを中心にブランド再開
  • 2012年7月・・・mt’Lab15周年
店舗名 TEL イベント担当 営業時間
横浜ビブレ店 045-314-5255 徳永 11:00~21:00

FreedomC.G.R. HP

fcgrtokyo.com

【KAMIKAZE SUPREME 20th LTD】発売記念インタビュー

yokohama.shimablo.com

KATANASOUND HP

fcgrtokyo.com

日本産エフェクター祭 2018 特設ページ

www.shimamura.co.jp

島村楽器 横浜ビブレ店 公式Twitterはコチラ!!

twitter.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.