読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

島村楽器 横浜ビブレ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【アコースティックギター】アコギ担当、余賢章(よ けんしょう)のアコギ要検証!!!vol.9(アコギ用プリアンプ大特集!)

シマブロをご覧の皆様、こんにちは!!

当店アコースティックギター担当の余 賢章です!
f:id:shima_c_yokohama:20170222154139j:plain

2017年!!!
春は新しい趣味やお買い物をしたり等色々楽しいですね!
私は今年度もマイペースに生きていきたいです。(真顔)

なにやら、島村楽器横浜ビブレ店優れものプリアンプエフェクターが沢山入荷しているんです!
出勤する度ついつい弾いてしまう………。(;^ω^)

アコギのプリアンプってエレキと違って、

・試せる場所が少ない
・どういう音を選んでいいかわからない
・聞き比べもしたい!
・そもそもプリアンプって必要なのか……?

様々な意見を聞きます!
今回は私、余賢章が当店自慢のプリアンプをいくつかご紹介したいと思います!
そしてついに、余賢章が動画デビュー!!慣れない手つきでやってます!!www

実際にを聞いちゃいましょう!!
f:id:shima_c_yokohama:20170412180913j:plain

まずは普通に直にスピーカーに繋いだ音です。


今回使用した機材はこちら!

アコースティックギター:JD400/James
ピックアップ:AnthemSL/L.R.Baggs
スピーカー:STAGEPAS600i+SS7761B

それではいってみよー!!(/・ω・)/

Platinum Pro EQ/DIAnalog Preamp/FISHMAN

f:id:shima_c_yokohama:20170414150411j:plain


オール・アナログ回路のアコースティックプリアンプ。フィードバック抑制に有効なフェイズ・スイッチと高精度ノッチ・フィルターが搭載

設定は上記の通り!


まるで、耳元で聞いているみたい!!

そしてバランスがかなり良い!!!弾いていてまったくストレスがないですね。
boostスイッチを押すと音が大きくなるというよりも輪郭が出てくるので単音でフレーズやソロを弾くときは踏むとより気持ちよく前に出てくれますね………。特にフィンガーピッキングの方は絶対好きになってしまいますよ……。

Aura Spectrum DI Preamp/FISHMAN

f:id:shima_c_yokohama:20170414150425j:plain
ステージやスタジオでリアルなアコースティック・サウンドをお届けします。さらに付属ソフトウェアで、ユーザーは何百ものメーカー ⁄ モデルのギターに合ったイメージに無料でアクセス,ダウンロードすることができます。



まるで実際にライブ会場で弾いてるかのような立体感
一人で弾いていても全然寂しくならないですね。全体的に音に箔がでるというか、音圧が増してく感じ
しかもこのプリアンプ使用しているアコギの形状に合わせた帯域をスイッチで切り替えられる所が凄い!
ドレッドギターからフォークタイプに切り替えても気持ちよく弾けるのはこれが理由か~………。すごい!
私の目がヤバい事になってるのはほっておいてください。(真顔)

ToneDEQ Preamp EQ/FISHMAN

f:id:shima_c_yokohama:20170414150447j:plain
高品質のプリアンプ、2つのエフェクト・セクション、トーン・コントロール、コンプレッサー、ブースター、バランス出力対応の DI 、必須機能をこれ一つに網羅しました。リヴァーブ2種またはディレイ2種、コーラス2種またはフランジャーまたはトレモロ選択可能。


一台でいろんな音が出せるマルチプリアンプ!!!
個人的にはdelayのかかり具合がとても綺麗カッティングをしてても綺麗に響いてくれる頼れる相棒になりそうですね!


いかがでしたか?
プリアンプというのは、気づきにくい差だけど実は大きな差があるんです!!
プリアンプを使ってみて初めて自分の出したい音がわかると思います。

↓今回ご紹介したFISHMANプリアンプのホームページはこちら!!↓
FISHMAN JAPAN | Products


とりあえず一度ご来店されてゆっくり試奏してみてはいかがですか?(=゚ω゚)ノ
皆さまのご来店心よりお持ちしております☆

f:id:shima_c_yokohama:20170414151312j:plain
それではまた~!(/・ω・)/



f:id:shima_c_yokohama:20170322161151j:plain
はしゃぎすぎ…。

この記事を書いた人はこんな人!

横浜ビブレ店の愉快なスタッフたちをご紹介 余 賢章編 - 島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

これまでの'余 賢章の要 検証'はこちら!!

yokohama.shimablo.com


詳しくは、当店ギタセレにて

当店ギタセレページ


まだまだご紹介したいギターがたくさんありますよー!!

http://www.shimamura.co.jp/yokohama/index.php?itemid=200922=当店アコースティックギターページ

商品お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット

代引き着払いOK!

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。
[!商品代金+代引き手数料+送料=合計金額!] ]]商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

お問い合わせ

店舗名 島村楽器横浜ビブレ店
電話番号 [t!045-314-5255!t]
担当

[!!お気軽にお問い合わせください!!!!

【アコギ】【ブログまとめ】島村楽器横浜ビブレ店 アコギ担当余 賢章(よ けんしょう)の要検証!4/14更新

f:id:shima_c_yokohama:20170113162241j:plain
島村楽器横浜ビブレ店、シマブロをご覧の皆さま、こんにちは!!

当店アコースティックギター担当、ギターリスト店員、余 賢章です。


2017年、「今年こそはアコースティックギターを始めたい」「新しいアコギそろそろ欲しい!」という方々、皆様にご案内できる素晴らしいギターが沢山ありますよ!!!
f:id:shima_c_yokohama:20170113162340j:plain
この【余 賢章のアコギ要検証】では横浜ビブレ店のお勧めアコースティックギターメーカーアコースティックギターが大好き過ぎな余が試奏したうえで、簡単なレビューとお勧めポイントをご紹介していきます。
お客様が当店に足を運ばれる前にワクワクするような情報を発信しています。
宜しくお願い致します!!是非ご覧くださいね!



横浜ビブレ店のアコギを分かりやすく紹介していく’余 賢章の要検証’はこちらから

Vol.1 522e 12-Fret/2016/Taylor
Vol.2 ミニアコギ特集
Vol.3 LL-TA VINTAGE TINT/YAMAHA
Vol.4 WL-K/Waterloo
Vol.5 LG2 VS RED SPRUCE/Gibson
Vol.6 DMP541/Takamine
Vol.7 入門者向けアコギ大特集
Vol.8 (特別編)アコギコーナーリニューアルご紹介編
Vol.9 アコギ用プリアンプ大特集



記事を書いているのは、アコギ大好き横浜ビブレ店大好き、余 賢章です。

横浜ビブレ店の愉快なスタッフたちをご紹介 余 賢章編 - 島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロyokohama.shimablo.com

当店のアコギラインナップ一覧はこちら

www.shimamura.co.jp



お問い合わせ

店舗名 島村楽器横浜ビブレ店
電話番号 045-314-5255
担当

お気軽にお問い合わせください!

第3回アコパラ神奈川地区ファイナル出場アーティスト発表

f:id:shima_c_ebina:20170413123325j:plain

第3回アコパラ神奈川地区ファイナル出場アーティストが決定いたしました!

全国の島村楽器で一斉に開催したビックイベント!第3回アコパラ!
数々の熱い演奏を披露して頂きました
神奈川地区での応募総数180組の中から、厳選なる審査のもと…

5月21日(日)

YOKOHAMA O-Siteで開催される
「第3回アコパラ神奈川地区ファイナル」

出場アーティストが決定いたしました!!

「北川慎也」(キタガワシンヤ)川崎ルフロン店エントリー

北川 慎也 -神奈川 -第3回アコパラ 出場アーティスト紹介-島村楽器

「橋本優紀」(ハシモトユウキ)横浜ビブレ店エントリー

橋本優紀 -神奈川 -第3回アコパラ 出場アーティスト紹介-島村楽器

「かもなす日和」(カモナスビヨリ)ららぽーと横浜店エントリー

かもなす日和 -神奈川 -第3回アコパラ 出場アーティスト紹介-島村楽器

「金徳大輔」(カネトクダイスケ)横須賀プライム店エントリー

金徳大輔 -神奈川 -第3回アコパラ 出場アーティスト紹介-島村楽器

「中里学」(ナカザトガク)ミーナ町田店エントリー

中里 学 -神奈川 -第3回アコパラ 出場アーティスト紹介-島村楽器

「山本修平」(ヤマモトシュウヘイ)ららぽーと海老名店エントリー

山本 修平 -神奈川 -第3回アコパラ 出場アーティスト紹介-島村楽器

以上となります。

神奈川地区全10店舗から選ばれた10アーティストによる素敵なライブを是非お楽しみ下さい!!

神奈川エリア地区予選詳細

日時 2016年5月21日(日)
時間 開場:18:00
開演:18:30
チケット ¥1,000(税込)*ドリンク代別
場所 横浜駅西口 O-SITE
MAP http://shibuya-o.com/osite/#sec_access

お問い合わせはこちら

販売店舗 Tel
川崎ルフロン 044-221-5261
モザイクモール港北 045-911-9411
二子玉川 03-5797-5464
ミーナ町田店 042-710-6088
横須賀プライム店 046-821-0700
横浜ビブレ店 045-314-5255
ラゾーナ川崎 044-520-8097
ららぽーと横浜店 045-929-2588
ららぽーと海老名店 046-236-2180
ららぽーと湘南平塚店 0463-25-1320

ご不明点はお近くの店舗に、お気軽にお問い合わせ下さい。

0からわかるベースの選び方 Vol.2~価格はここで違う!~

みなさん前回のベースの違いは見ていただけましたか。
いろいろと違いがあり、呼び方も変わってくるのもややこしいですよね。
まだご覧になっていない方は是非こちらをご覧ください!!
前回記事:0からわかるベースの選び方 Vol.1~ベースの種類を知っておこう~ - 島村楽器 横浜ビブレ店 シマブロ

今回は『価格はどこで変わってくるのか』をお話していきますが、今回もなかなかややこしいのでボリューム抑えながらいきますね!笑
価格の違いは大きく分けて使用している木材や、生産地、メーカーによって変わってきます。

よく使用されている木材について

生産地について

メーカーについて

それではいってみましょう!

木材について

エレキベースでよく使用されている木材をご紹介していきます!
いろいろな木材が使用されていますが、今回はオーソドックスな木材にスポットを当ててご紹介します。

ボディ材

■バスウッド

比較的安価で加工もしやすいため、低価格のギターなどに使われる事も多い材です。サウンドの特徴として癖がなくどのようなジャンルにも使用しやすいです。低音がふくよかなためエレキベースで使用する際は音作りに一工夫加えるとよりGOOD!
使用している楽器の参考価格:¥10,000~50,000台

■アルダー

ベースのみならずエレキギターにも頻繁に使用される木材です。中~低域が聞き取りやすく、安定したサウンドとなっており、あらゆるジャンルに適しています。参考価格からもわかる通り上位機種にもよく使用されているため、CDなどで聞くベースサウンドはこちらの木材を使用していることがほとんどです。
使用している楽器の参考価格:¥60,000~300,000台

■アッシュ

高域特性に優れており、低域の音抜けも抜群。現代のロック系な音楽やスラップ(チョッパーともいいます)奏法にも最適!下の動画のようなカッコイイフレーズをやりたければアッシュがベスト!また他の木材に比べ見た目が綺麗なことから木の杢目(もくめ)を活かしたナチュラル系カラーを使用されることが多いです。
余談ですが野球のバッドに使用されたりもしています。笑
使用している楽器の参考価格:¥80,000~300,000台

※スラップ参考動画(ミーナ町田店開催 スラップバトル)

ネック材

※ネックとは音階を変える部分全体のことを言います。と言葉で言ってもわかりにくいのでこちらの写真のところを言います。
f:id:shima_c_yokohama:20170410121020j:plain
(こちらの裏側はほとんど『メイプル材』という材を使用してます。)
表面部分のことを『指板(しばん)』といいます。フィンガーボードという方もいますね。
こちらの木材でもサウンドが変わってきます。
今回はよく使用されている2つの木材を紹介します。

■ローズウッド(写真上)

高域が少し抑えられ、柔らかいサウンドが特徴。ローズウッド内でも種類が豊富で、希少な『ハカランダ材』というのが有名。現在輸入規制がかかっており徐々に入手困難になりつつある木材です。

■メイプル(写真下)

メリハリのあるサウンドが特徴。ベースにも使用はされますが、ギターに使用されることのほうが多いです。先程のネックの裏側の木材でもあります。

生産地について

あくまで目安ではありますが価格との関係性をご紹介します。

■中国製

1万円~4万円台が目安です。価格的にも手に取っていただきやすい価格帯です。

■国産

5万円~30万円台と幅広くあります。初めてベースをやるのであれば5万円~10万円未満が手に取りやすいと思います。

■アメリカ産

15万円~となっております。こちらは製作者によって価格が変動したりするため、価格としては際限がありません。国内の楽器屋に在庫しているものでは15万円~50万円台が多いです。
その他の製作地としてインドネシア産やドイツ産、韓国産などのベースもあります。

生産地によって弾き心地の違いはあるのか

生産地によって弾き心地は変わります!!!
わかりやすく説明してしまうと欧米の方と日本人とでは手のサイズ感も身長も違いますよね?そこがポイントなんです!!
弾き方でコントロールできるところもありますが、その話はまた今度。それでは弾き心地の比較をしていきましょう!

■中国産

国産に劣らない技術力を付け始めているので、近年演奏しやすい楽器も増えてきています。

■国産

国産ベースはイメージ通りになってしまうかもしれませんが、丁寧に製作されている印象です。日本で使用することを想定されて製作されている為、手の小さい方や女性の方にもオススメです。

■アメリカ産

伝統的な製作方法を重んじており、現代でも演奏性・サウンドともに高い評価を得ています。

メーカーについて

それでは具体的なブランドを挙げて各社を比較していきましょう。これから愛用する楽器だからこそブランドにこだわってあげるのも大切ですよね!それではご紹介していきます!

BUSKER'S(バスカーズ)

f:id:shima_c_yokohama:20170410123347j:plain
安価なモデルを中心としたラインナップです。本体価格としては1万円台でご購入いただけます。
BUSKER'Sのラインナップはこちら

Squier(スクワイヤー)

f:id:shima_c_yokohama:20170410123435j:plain
Fender傘下ブランドで、本体価格としては2万円台~4万円台。カラーリングも豊富で女性からの人気が高いです。
Squierのラインナップはこちら

Fender(フェンダー)

f:id:shima_c_yokohama:20170410123442j:plain
世界的に有名なブランドです。エントリーモデルとしては6万円台からあり、不動の1番人気です!
Fenderのラインナップはこちら

FUJIGEN(フジゲン)

f:id:shima_c_yokohama:20170410123448j:plain
国内最大級の工房を持つブランド。エントリーモデルとして5万円台からあり、コストパフォーマンスの高いブランド。
FUJIGENのラインナップはこちら

Coolz(クールジー)

f:id:shima_c_yokohama:20170410123454j:plain
島村楽器オリジナルブランド。国内生産されており、徹底した品質管理を実現。6万円台~8万円台がメイン。
Coolzのラインナップはこちら

今回のおさらい

今回は価格についてスポットを当て解説してみました!いかがでしたか。漠然とした価格の違いだけだと、なぜ違うかまで少し見えてくると『かっこいいな~』という楽器の見え方も変わってきますよね!

次回は『オススメの商品一覧』をご案内していきます!本体だけでなく、教則本や練習方法などについてもご紹介していきます!

お問い合わせ

f:id:shima_c_yokohama:20170405111304j:plain

店舗名 島村楽器 横浜ビブレ店
営業時間 11:00-21:00
電話番号 045-314-5255
担当 成勢(なるせ)
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.